絵・アート

額装:9月のライオン

「9月のライオン」 の絵を額装しましたが、夕方に写真を撮ったので ちょっと色むら、映り込みが・・。 また、撮りなおします。 カメラの設定、時間、光線によって 色がずいぶん違って写ります。

絵:九月のライオン

九月にギターとテューバの デュオ・コンサート行きました。 テューバはオーケストラではソロをとることも あるようですが、こんなふうに近くで しみじみ見るのははじめてでした。 カーペンターズのメロディーが印象に 残っていて、絵になりました。 guitar b…

絵:空気と糸杉の対話 (まだ朝)

朝の空気と糸杉の対話 昨日アップした絵ですが、夕暮れの雰囲気 の暗い色合いにする前に撮りました。

絵: 空気と糸杉の対話

20号 71x62cm 「空気と糸杉の対話」のイメージから。 ”Dialogo del Aire y el Cipres” L.ブローウェル作曲 クアトロパロスの演奏で ギター重奏フェスタで聞いた曲です。 糸杉は街でも高原でも見られる木です。 キューバ人のブローウェルさんは、 美しいギ…

骨と筋肉

体を支える骨格も、骨を支え、 ホルモンなど健康を維持するための 大切なものがたくさん作られている 筋肉もとても大切。 カポエイラをやっていると知らないうちに 筋肉もつくよう。 カポイエラの早朝クラスでは はじめにストレッチをやるのですが、 まえの…

絵: 海の見える街 雨の日

台風が来そうな日。 映画では、魔女は嵐の中でも宅急便を配達 していましたっけ。

絵: 海の見える街(魔女の宅急便)

27cmX18cm composed by Joe Hisaishi arranged by H Haginoya performed by Happy Orange アニメ「魔女の宅急便」の挿入曲 「海の見える街」 6月のギター重奏連盟コンサートで聞いた 演奏。カポエイラのヨーロッパ大会 で行ったポルイトガルの港町、ポルト …

絵: Days of Fouco

フォーコな日々。 「フォーコ」は、イタリア語で「情熱的な」と 辞書に出ていました。

絵を描く

パネルと紙 少し待って、雨が上がって 湿度がさがってから 紙をパネルにはろうかな。 まだ今年は半分近く残っているので、 ゆっくり描きたいです。 印象に残ったシーン(光景・人・ 音楽など)が絵になりますが、 描いている間はずっとそのシーン、 その絵の…

絵:今日のフォーコ

絵:フォーコ

Composesd by Roland Dyens performed by H Haginoya 先日のライブで聞いた曲のイメージです。 lリブラソナチネという曲から。 フランスの作曲家ディアンスは素敵な 曲をたくさん作りましたが、2年前に 残念ながらなくなったそうです。 you tube でディアン…

絵: 143 チングルマの詩

昨日は、曙橋のライブハウスで ウクレレとギターの フェリーハ コンサート。 143:Composed by Jake Shimabukuro performed by K. Kusunoki ハワイの気持ちのいい波に揺れているよう。 チングルマの詩 Composed by Shiki Nagashima Performed by H. Hagin…

絵:プリズムレイルウェイ

45x50cm プリズムカラーの列車は銀河鉄道のように、 メロディーに乗って、 街も野も、空も夜も、海も走り抜けていけたかな。

佐原先生二人展

6月2日(土)~9日まで、 新宿京王プラザホテルで 佐原和行(父)先生と和人(ご子息) 先生の展覧会が行われています。 久しぶりに和人先生に お会いできました。 懐かしい和行(父)先生の作品 にも再開できて、しばし立ち止まり ました。 作品をアップ…

絵:プリズム・レイルウェイ(まだ途中)

先日のコンサートで Prism Railwayという曲を聞きました。 銀色のアルミのうろこ模様のシートは、 虹色にキラキラ反射して、 作業していてもまぶしいくらい。 プリズムレイルウェイそのもの! と思ったのに、 写真に撮ると、キラキラ感がなくてざんねん。 汽…

絵: やわらかな歌

松岡滋作曲 クアトロパロスのギター演奏で聞きました。

絵: 風のサンバ

連休中にクアトロパロスのミニコンサートへ。 「風のサンバ」が始まると、音に 包まれてそのままはるか遠いことろ まで運ばれて、風になってしまうよう でした。

花は咲く 蒲公英

タンポポは、ポルトガル語で Dente-de-leao (デンチ・ジ・リャオン) 光沢のある紙に描いてみました。

花は咲く 青いバラ

花は咲く はる

花は咲く ピンクのマーガレット

花は咲く さくら

井の頭公園で見たさくらは、空の中も 水の上もゆらゆら

絵: 思い出のラベンダーヒル(佐藤和弘作曲)

最近描いている絵は、2月のクアトロパロス、 ギター四重奏のコンサートで聞いた曲たちです。 この”思い出のラベンダーヒル”という曲は、 北海道のラベンダー畑の風が吹いてくる ようでした。

絵: ”水とワイン”(ブローウェル、ジスモンティ作曲)

”水とワイン”(Agua e Vinho)は’ジスモンチアーナ’ (Gismontiana)の中の1曲。 ブラジルの作曲家ブローウェル(Brouwer) とジスモンティ(Gismonti)による曲。 ジスモンティは、リオの生まれでアマゾンにも 暮らしてブラジルらしい曲をたくさん書きました。 …