【固定記事】お知らせ

 

 

 次回フェルデンクライス角筈(つのはず)クラスは、

2021年

次回は未定です

新宿区角筈(つのはず)区民センター7階和室1

新宿区立区民ホール : アクセスのご案内

 

お申し込み、お問い合わせその他は

yokoh☆t00.itscom.netまで。

☆をアットマークに変えてどうぞ。

1回 2,000円

ホームページはこちらから

http://yokoh0.wixsite.com/feldenkrais-blackb

 

 

絵:「えんとつ町のプペル」のテーマソングを聞いて 3

f:id:yogablackbird:20210305152454j:plain

林祥太郎さんの演奏、

えんとつ町のプペル」の曲を聴いて描いた絵を

二つ重ねてみました。

 

ギターの音で、一面の灰色の雲がと切れて

街の上に星空が現れる、というように見えるかな。

 

元の絵は切りたくないので、家でプリントしたものを

使ったので、かなり色が濃くなってしまいました。

 

元の絵は、和紙に描いたので、どんどん色が

薄くなってしまうので、またもう少し

色をかさねます。

 

f:id:yogablackbird:20210305153129j:plain

いつもは、アクリル板とテープで、自分で額装

するのですが、

ちょうど3cm厚さの額があったので、壁に掛けたら、

雨で下り坂の窓際も、明るく見えます。

 

 

 

 

 

カポエイラ: 一人二役

オンラインの練習が続いていますが、

自宅では相手がいないので、

まず自分でけったあと

f:id:yogablackbird:20210304150923j:plain

 

場所を移動して、後攻役になって

反対側から、コントラで(相手と足が

ぶつかる向きで)ける。

f:id:yogablackbird:20210304150953j:plain

 

また元の位置に戻って、

相手の軸足を想定して

足首をとらえて引く。

f:id:yogablackbird:20210304145907j:plain

 

「足がぶつかっていいんですか?」

「だめだよ。カポエイラはあてない。

相手の足が通り過ぎてすぐにける。」

と、基本的なことを改めて先生に確認。

f:id:yogablackbird:20210304151332j:plain

 

クラスでは、二人で組んで練習するので

立ち止まりにくいのですが、

 ひとりでやると、ゆっくり考えながら

動けます。

f:id:yogablackbird:20210304151501j:plain

  

難しいことするよりも、自分の中で

やっている動きのつながり・足をおく位置などが

確実にわかると、ちょっとうれしい。

f:id:yogablackbird:20210304151411j:plain

もうすぐ、クラスの方たちといっしょに

できるかな。

 

 

 

 

豊洲でコンサート

f:id:yogablackbird:20210303192943j:plain

豊洲シビックセンターで大萩康司さんの

コンサートへ。

 

f:id:yogablackbird:20210303191937j:plain

バッハの「組曲ホ長調」は、前にも上野で

聞いたことがあるはずだったのに、

今日は、はじまったとたんに、

え、この音は何!

と驚きました。

 

まるで、山奥の泉から湧き水が流れ

落ちるような音。

f:id:yogablackbird:20210303192756j:plain

今日の楽器はフランスの50年以上前の

ギターだそうです。

楽器によって、こんなに音が違う

のかと、驚きました。

f:id:yogablackbird:20210303193136j:plain

組曲」という名前ですが、

湧き出た水が滝になって(プレリュード)

 

f:id:yogablackbird:20210303193406j:plain

流れて行って静かな湖へ。

ゆっくり日が暮れていくと(ルール)

 

f:id:yogablackbird:20210303193825j:plain

湖畔のお城で宴が始まる。

ガヴォット、メヌエット、ブーレ、ジーグと

変化にとんだ曲の舞踏会が繰り広げられる、

そんなイメージが浮かびました。

 

ほかの曲目「そのあくる日」

「カヴァティーナ」も

このギターの優しい音色で、

美しい演奏!

f:id:yogablackbird:20210303195019j:plain

最後の「さくらの主題による変奏曲」

(横尾幸弘作曲)は、

桜吹雪が見えるよう。

 

アンコールの「タンゴ・アン・スカイ」、

大萩さん演奏の切れのいいタンゴでさえ

まるで今まで聞いたのとは 違うような・・。

楽器の力を改めて感じました。

 

人数制限があって、大勢の観客は

入れませんでしたが、

優しい音色の素晴らしい楽器を

自由に弾きこなされて

良い会場ですてきなコンサートでした。

f:id:yogablackbird:20210303193551j:plain

ふと、もしかして、上野でもこのギター

を使っていらしたのかな、と考えましたが、

会場・お天気など

様々な条件でギターの音色が違って

聞こえることもあるかも知れないと

思いました。

 

 

 

 

 

 

 



 

絵:「えんとつ町のプペル」のテーマソングを聞いて 2

f:id:yogablackbird:20210301193618j:plain

34x24cm (和紙・アクリル絵の具)

林祥太郎さんの演奏で

映画「えんとつ町のプペル」のテーマソングを聞いて、

2枚目の絵ができました。

 

f:id:yogablackbird:20210301194021j:plain

少年が奏でるギターの音がまっすぐ

空に届けば、暗い雲も消えて

一面の星空が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

フェルデンクライス:オンライン 床で転がる

f:id:yogablackbird:20210226145803j:plain

今日は、ZOOMで生徒さんに個人レッスン。

 

f:id:yogablackbird:20210226150020j:plain

これは、自分でやってみた時ですが、

レッスンではこの体勢で、少しずつ転がる

動きを変化させていきます。

 

始めは、上向きで寝ていただくと、

「床が背中を押している感じ、

転がるのは苦手」ということでした。

f:id:yogablackbird:20210226150519j:plain

前に転がるのと、うしろに転がるのは

どちらがやりやすいかな。

 

ごろごろ転がり続けられるかな。

小さく動くのと、大きく動くのは

どちらがやりやすい?

1時間ほど、ゆっくりとレッスン。

f:id:yogablackbird:20210226150924j:plain

最後の感想は、

・背中が床の上で押されなくなった

・何も考えないで、違和感なく

転がれるようになった。

ーーということでした。

f:id:yogablackbird:20210226151425j:plain

立って歩いてみると、

・からだの安定がよくなって

・からだ全体がつながったのを実感

・胸の上の方の痛みがなくなった。

そうです。

 

なめらかに転がれると、安定して歩きやすく、

胸も楽になる、というのがいいですね。

f:id:yogablackbird:20210226152327j:plain

パソコンの画面で、

レッスンのはじめと終わりの

動きや体の使い方の変化が

アップでよくわかって、

見ている私も楽しかったです。

 

また来月☺

毎月レッスンをつみ重ねていくと、

からだ自体が自分の使い方を理解して、

一番楽で無理のない動きになっていく

のが興味深いです。

f:id:yogablackbird:20210226153051j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵:「えんとつ町のプペル」のテーマソングを聞いて 1

f:id:yogablackbird:20210223103148j:plain

えんとつ町のプペル」のテーマソングを

林祥太郎さんのギター演奏で聞いたら、

こんな絵になりました。(You Tubeで聞けます)

 

私たちの街も、今はコロナの煙におおわれて

物語の主人公たち、ルビッチとプペルが空から

見たら「ここもなかなかひどいね~」

と言うかな。

f:id:yogablackbird:20210223103819j:plain

 

ギターの音で表現された、はじめはこんな灰色の街も

f:id:yogablackbird:20210224100140j:plain

きらきらした音色に変化して

澄んだ空気の、

暗い夜空の向こうが透けて見えそう。