絵・アート

絵: シンプリシタス

バーデンジャス組曲 第一楽章 シンプリシタス (素朴なもの、というような意味らしいです) を聴いて絵になりました。 作曲者のジリ・イルマルがブラジルのギタリストで 作曲家のバーデン・パウウェルを想って作った曲 だそうです。 木村眞一朗さんの演奏で…

絵: Evergreen

佐藤弘和作曲、松田弦さんのギター演奏の Evergreen. 最近の演奏がアップされています。 週末、この曲の音の感じを絵にできたら、 と思っていましたが、近くから遠くまで 広がっていく音色の感じには、 届きません。 一面のみどりを描くのは難しくて、 外の…

額装: 横浜 夕暮れの時間

少し前に描いた「横浜 夕暮れの時間」を、 マットを重ねて額装。 今日は、夕方の風がかすかに涼しく感じらて、 暑い夏のおわりも、もうすぐでしょうか。

額装: 夏の庭(S. アサド作曲)

S.アサド作曲 夏の庭 林祥太郎さんと松澤結子さんのDuoの演奏で 2月に銀座ヤマハホールで初めて聴きいて、 こんな絵になりました。 今、you tubeで林祥太郎さんのギターソロで 映画【夏の庭】からの曲「思い出」が聴けますが 繊細であたたかい音色が広がり…

額装: 青いベイブリッジ 2020夏

ブルーにライトアップされたベイブリッジ、 額装しました。 表面のアクリル板に少し光が反射してしまい ます。 コロナも、猛暑もだんだんに 収まりますように。

絵: 色 いろいろ

カポエイラの楽器、ベリンバウを 弾く時に使う石。 どういうふうに置こうか。 ついフェルデンクライスの 感覚で、背中は楽にしぜんに立てて、 頭も楽に・・、と思ってしまいます。 石がなにか考えている? 4枚を額に入れてみました。 絵を描いたり、本を読ん…

色 いろいろ olive

オリーブの実が少しだけ生りました。

久しぶりに美術館→ 色いろいろ

丸の内にある、三菱一号館美術館 ゴッホ、ボナールなどの子供の絵の 展覧会。 淡く柔らかな色彩。 予約制ですが、すいていて すぐに入場可。 おしゃべりしている人もなく、 静かに鑑賞できました。 窓から見下ろす中庭は、夏の色。 また、美術館に行ってみた…

絵:色 いろいろ

あおい水彩絵の具、たくさん 持っています。 真夏日なので、つい水色に手が出ます。

絵:ベイブリッジ 2020夏

医療関係者の皆さんはじめ、私たちの生活を守って くださる方たちへの感謝をこめて、 またコロナのはやい収束を願って、 今ベイブリッジは、毎晩青くライトアップされています。

絵・アート:夏の庭 (by A アサド)

Aアサド作曲の、ギターデュオで演奏される 日本の映画「夏の庭」のサウンドトラックを 聞いています。 その中の、「スイカ」という曲は、こんな感じです。 子供たちがスイカを食べて種の飛ばしっこをして 遊んでますが、 二本のギターの音が、種の飛ぶ様子そ…

額装:ラ・クンパルシータ

去年、クアトロパロスのインストアライブ で聞いた、ラ・クンパルシータのイメージ。 ジプシーキングスのインスピレーションと共に 印象的な曲です。 コロナ休み中、絵の材料を片付けていたら、 ちょうどいい大きさの額がでてきたので 額装してみました。

アート:Moon River

ムーンリバー。Moon river wider than a mile~♪ この曲が流れてきて、いつのまにか眠りの中。

額装: 水とワイン(Agua e Vinho)

24x30cm ”水とワイン”(Agua e Vinho)は’ジスモンチアーナ’ (Gismontiana)の中の1曲。 ブローウェル(Brouwer)とジスモンティ(Gismonti) による曲を聞いたイメージでできた絵を額装しました。 ギター四重奏、クアトロパロスのコンサートでの演奏から。 ジ…

額装: 青空の向こうに

今年のサクラの花びらは、 やわらかなギターの音と一緒に 青空の向こうに どこまでも飛んで行きそう。 きっと、また来年も思い出す。

額装: 珊瑚の市 レシフェ → カポエイラ

32x33cm S アサド作曲のこの曲を聞いて描いた絵。 何年か前にギターデュオ、柴空 の演奏で聞きました。 今年の一月にまた、木村眞一朗さん・茂木拓真さんの デュオで聞けて、ブラジルに気持ちが向き、 海の波・泡を越えてサンゴの街に行きたくなります。 な…

哀しきジョローナ (アニメ リメンバーミーから)

アニメ、リメンバーミーを見終わったら、 後半大どんでん返しでした。 たくさんの挿入歌がギターと共に 歌われています。 その中で 哀しきジョローナは、 どこか懐かしいメロディーでしたが、 メキシコで古くから歌われているそうで こんな感じの曲でした。

絵: 珊瑚の市 レシフェ

24x24cm 水干雲母、パール粉(金)岩絵の具の瑠璃色・茜 なども使って「レシフェ」描きました。 (写真ではよくわからないですが) ポルトガル語ではrがhの音になるので、 レシフェは、ヘシフェとかヘシフィと発音される ようです。 カポエイラのクラスで…

額装: カナリー

(29x33cm) カナリー額装しました

絵: カナリー

佐藤弘和作曲: カナリー 秋のギター合奏フェスティバルで、 久しぶりにこの曲を聞いた時、 初めてクアトロパロスの演奏で聞いて、 「すぐに船を出して、荒波を乗り越えて カナリア諸島まで竜血樹を見に 行かなくちゃ!!」と気持ちが 高まったのを思い出し…

絵:ラ・クンパルシータ

今月初めにクアトロパロスのギター演奏で 聞けた「ラ・クンパルシータ」はこんなふう。 たくさんのバラの花かげで音に包まれている ようで、今年一年を思い返していました。

絵:風のサンバ

先日のギター合奏フェスティバルで聞いた 「風のサンバ」という曲は まだ浅い緑も鮮やかな初秋の紅葉を 吹き抜ける風のようで、絵になりました。 クアトロパロスの演奏は、 柔らかくやさしい音も、力強い音も 気持ちよく吹き抜けていって、 聞き終わった後、…

額装:9月のライオン

「9月のライオン」 の絵を額装しましたが、夕方に写真を撮ったので ちょっと色むら、映り込みが・・。 また、撮りなおします。 カメラの設定、時間、光線によって 色がずいぶん違って写ります。

絵:九月のライオン

九月にギターとテューバの デュオ・コンサート行きました。 テューバはオーケストラではソロをとることも あるようですが、こんなふうに近くで しみじみ見るのははじめてでした。 カーペンターズのメロディーが印象に 残っていて、絵になりました。 guitar b…

絵:空気と糸杉の対話 (まだ朝)

朝の空気と糸杉の対話 昨日アップした絵ですが、夕暮れの雰囲気 の暗い色合いにする前に撮りました。

絵: 空気と糸杉の対話

20号 71x62cm 「空気と糸杉の対話」のイメージから。 ”Dialogo del Aire y el Cipres” L.ブローウェル作曲 クアトロパロスの演奏で ギター重奏フェスタで聞いた曲です。 糸杉は街でも高原でも見られる木です。 キューバ人のブローウェルさんは、 美しいギ…

骨と筋肉

体を支える骨格も、骨を支え、 ホルモンなど健康を維持するための 大切なものがたくさん作られている 筋肉もとても大切。 カポエイラをやっていると知らないうちに 筋肉もつくよう。 カポイエラの早朝クラスでは はじめにストレッチをやるのですが、 まえの…

絵: 海の見える街 雨の日

台風が来そうな日。 映画では、魔女は嵐の中でも宅急便を配達 していましたっけ。

絵: 海の見える街(魔女の宅急便)

27cmX18cm composed by Joe Hisaishi arranged by H Haginoya performed by Happy Orange アニメ「魔女の宅急便」の挿入曲 「海の見える街」 6月のギター重奏連盟コンサートで聞いた 演奏。カポエイラのヨーロッパ大会 で行ったポルイトガルの港町、ポルト …

絵: Days of Fouco

フォーコな日々。 「フォーコ」は、イタリア語で「情熱的な」と 辞書に出ていました。